2005年09月20日

連れ子のお祝い

ちびらぶの7歳のお祝いがもうすぐですわーい(嬉しい顔)
この前、3歳のお祝いをしたばかりのような気がするけど
時間が経つのは早いものです。目

今回は、着物はレンタル。次に着てくれる子がいれば
買ってもよかったんだけど
次も予定無しだから(*´゚д゚)(゚д゚`*)ネー
それにその時の流行りもあるから
レンタルなら流行の着物があったんだ!
値段もお安くるんるんるんるん
なので、前もってお祝いをやる日を予約しなくちゃいけないの。
11月の上旬だとみんなお祝いをやるそうで
混んでいるんだって。混んでいるのは嫌いなので
ラッシュになる前にやろうという事になり
10月の下旬で予約をとりました。
さぁ・・・そこで問題です。
お祝いってパパ&ママの両親(ジージ&バーバ)も参列するのが
普通な地域ですたらーっ(汗)
ですが・・・
ちびらぶはらぶの連れ子でございます。
しかも事実婚なので籍は入っていない=正式にまるの子供でない。
そうなると、まるのご両親はどうしたもんでしょう??
たまに実家におじゃましてちびらぶの事を可愛がってもらってます。
でも????
らぶの親に話をしたら。。。
「まると血が繋がっていないし、籍も入っていないからねぇ。」
( ̄へ ̄|||) ウーム 微妙・・・あせあせ(飛び散る汗)
まると話し合って食事だけでも誘う事にしたんです。
そして、昨日敬老の日なので、ちびらぶと一緒に作ったお菓子を
届けながら、その話をしてみました

まる母「お父さんが夜勤で行けないわ・・・」   
まる 「昼間だよ!」
らぶ 「・・・・たらーっ(汗)
まる母「昼間なの??    行けないわ」
まる 「お母さんだけでもいいよ!」
まる母「一人じゃ嫌だよ。むこうのお母さん達(らぶの両親)だけで
    やればいいよ」
らぶ 「・・・・たらーっ(汗)
まる 「それじゃ〜さぁ〜・・・・あせあせ(飛び散る汗)

この後は気まずい雰囲気は言うまでもありませんあせあせ(飛び散る汗)
やっぱりまるの子供じゃないからなんだろうなぁ〜って実感。
これが本当の孫となると、なんとか都合をつけるでしょ?
だってまだ1ヶ月以上も先の話だから
勤務だってどうにでも変更ができる。
まぁ〜思っていた通りの結果なので。
これが現実という事をしりました_| ̄|○ ガクッ
とりあえずお祝いをやることを伝えて断られたので
何も言わないでお祝いをやるよりはいいだろうな〜と・・・
次のちびらぶのお祝いは成人式なので
だいぶ先だし(*≧∀≦)(≧∀≦*)ネー♪

らぶの両親とらぶたちでお祝いしてあげるんだ!
posted by らぶ at 16:54| 静岡 ☁| Comment(11) | TrackBack(0) | 再婚生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
何となく分かるなぁ・・・状況は違うけど。
でぃんちも、養子縁組みが組んである訳ではないので戸籍上は1号の続柄『妻の子』なんです・・・
戸籍を見た時、チビでぃが長女で上の段に記載されその下に1号・・・プチッと凹む瞬間
ダ〜リンの両親は遠方に住んでいるので逆にいろいろしてくれますが、たぶんチビでぃとの『差』を付けると既に分かる年齢の1号を気遣っての事ではないだろうか?と返って申し訳なくも思います。

それよりもでぃの実家のほうがチビでぃの七五三でお祭り騒ぎで大変です・・・(汗)
チビでぃは、今年の11月で2才なんだけど早産だったから本来の予定日からしたら来年の1月中旬で2才なわけなんだけど、『数えで3歳だから今年の11月にお祝いしないとダメ!!』ってな感じで・・・大変です(汗)
自分の実家に翻弄されてます・・・(汗)
Posted by でぃ at 2005年09月21日 09:22
でぃちゃん
本当の子と連れ子。同じ母親から産まれているのにね。
らぶの実家もちびらぶのお祝いは
大騒ぎだよ〜〜!
初孫なのでなんでも、イベントは大騒ぎ(;^_^A アセアセ
らぶにとっては嬉しい限りだけど^^
やっぱり子供は祝福されない環境には
おきたくないもんなぁ〜 本人も嬉しがっているし。
再婚して、養子縁組をしないと
「妻の子」になるんだぁ。知らなかった。
なんだか変わった表現だね・・・
反対に、男側の連れ子を新しい母親と縁組しないと
「夫の子」になるのかな??
Posted by らぶ at 2005年09月21日 10:27
七五三のお祝いってどんな事するの?
北海道じゃ神社へ行ってお祓いしてもらって、写真撮ってぐらいしかしないよ〜。
内地って色々大変だよね〜。
Posted by かめこ at 2005年09月21日 13:18
なるほどぉ…こういうこともあるんですよねー(^^;)
せつないけどこれが現実かぁ…
おつまはもう両親いないし、そんな心配ないのかなw
なんともいえないなぁ。今残ってる家族も
微妙な反抗するんだろうなぁ…
Posted by おつま at 2005年09月21日 23:30
かめこさん
特別何かをするわけじゃないんだけど・・・
神社に行ってお祓いをしてもらって
その後、お互いの両親も一緒に食事。
それが終わったら親戚廻りかなぁ〜
時間に余裕があれば、保育園にも行くんだよ!

おつまさん。
(゜д゜)(。_。)(゜д゜)(。_。) ウンウン
これがらぶにとっての現実らしい。
ちびらぶがまるの本当の子じゃないって
言うのは紛れもない事実だから仕方なし。
まるが、可愛がってくれているので
それで゚+.゚(′▽`人)゚+.゚ィィ!!
らぶの親は、溺愛だし・・・(ノ∀≦。)ノぷぷ-ッ
Posted by らぶ at 2005年09月22日 11:59
それは微妙ですね(−−)
でも少しずつ変わっていくんじゃないですかね
今はまだ時間が経っていないから
少しずつ本当の孫みたいにかわいがって
くれたらいいですよね。
Posted by エイエイ at 2005年09月25日 19:48
(・∀・。)(-∀-。)(・∀・。)(-∀-。)ぅんぅん
そうだね^^
時間って必要だよね〜♪
気長にいきます!
Posted by らぶ at 2005年09月26日 16:25
おひさし振りですね〜♪

なんか複雑なお話でオドオド…。

私もそんな風になるんだろうか???
なんかいい気分じゃないですよね〜。それって。

血の繋がりっていうのはやっぱり関係あるのかな?
考えちゃいました。
Posted by tomoko at 2005年09月27日 16:47
・・・( ̄  ̄;) うーん
血のつながりって、当事者同士は気にしなくても
その両親となると理解に苦しむらしい。
まるのご両親は60代なかばなので
仕方がないかな〜〜って思う。
それに事実だし(*´゚д゚)(゚д゚`*)ネー
でも、普段は可愛がってもらっているから
七五三は諦めかな〜〜
Posted by らぶ at 2005年09月28日 09:54
あの・・・・当たり前じゃないですか・・・。
そりゃ、本当の孫なら、都合付けるでしょう。
けど、正直面倒くさいんですよ。
当たり前です。
それから・・・・血の繋がりを当事者は気にしないというコメントがありますが、気にならない訳もありません。

同じ母親から生まれたから、だから何なのでしょうか。
まったくもって意味がわかりません。
継親の立場、そして継親の両親の立場から見たらどうなのか・・・をもっと考えるべきではないでしょうか。

あなたなら、人の子供が育てられますか?
あなたなら、人の子供の子供を孫と思えますか?
差別なく、愛情一杯に接することができますか?
もっと、よく考えてみて下さい。
そしたら、凹むなんてことないでしょう。
毎日の生活に感謝しか生まれないはずです。
Posted by 継母です。 at 2005年10月19日 17:15
はじめまして。<(_ _)>
コメントありがとうございます。
ちょっと辛口なコメントなのでどうコメントすれば
いいのか・・・
ただ、感じたのは「継母です」さんと
らぶでは価値観や考え方がまるで違うことです。
継親の立場やそのご両親の立場は充分考えています。
本当の子供じゃないのに、可愛がってくれる事に
感謝もしています。今回の七五三の事も
断られても不満もありませんし・・・
「継母さん」がいわれる通り当たり前の結果です。
ただ、露骨に断られたので凹みました。
人の子供や孫を差別なく愛情一杯に接する事ができるか?
それは無理なのこともわかっています。
らぶがその立場になったら、100%なんて無理です。
ただ、少しでもいい関係になれるように努力は
できます。努力の評価は相手がするものなので
どこまで伝わるかはわかりませんけど・・・
今、らぶの彼氏とそのご両親には感謝で一杯です。
本当の子供でもないのに可愛がってくれているからです。
ご両親に関しては表面的かもしれません。
でも、今のらぶにはそれでも充分です。
可愛がってくれない人もいるでしょうしね。
だから子供との接し方については不満はありません。
不満はありませんが、凹む事はたくさんあります。
わかっていても現実を目の前で見るときです。
「継母です」さんの意見を読ませていただいて
いろんな考え方や理解の仕方があるんだな〜と思いました
Posted by らぶ at 2005年10月20日 16:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7124548

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。