2004年06月19日

子供からパパを奪ったらぶ・・・

今日の車の中での出来事です。
対向車線の信号待ちの車を見てらぶはちびらぶに言った。
「あそこの赤い車、パパの車じゃない?」
軽率な事をちびらぶに言ってしまった。
ちびらぶは目を光らせてその車を見たよ。
「あの車、パパかな〜」ちびらぶの目が嬉しそう。

離婚後、数ヶ月は月に一度、元夫の所に泊まりに行っていた。
ちびらぶは、パパが大好きだったから・・・
でも、まると一緒になる事を決めてから
お泊りをやめた。もう半年以上会っていない。
やめてからしばらくはパパに会いたいと何度も泣いたけど
らぶはまるの事を父親と理解してほしくて
我慢させていた。それにまるちびらぶの関係もあるので
合わせない方がいいと思ったよ。

信号が青に変わり、ちびらぶはその車を目で追った。
「あの車はパパじゃないよ、ママ。」
その後、こうちびらぶは会話を続けた・・・
「パパに会いたいな〜ママとまるよりパパが好き。
だからちびらぶ、お泊りにいきたい」
そしてらぶはこうちびらぶに言った。
「パパはね、お姉ちゃん(元夫の彼女)と結婚して
新しい赤ちゃんがもうすぐ生まれるの。
ちびらぶのパパはパパだけど、もう新しい赤ちゃんの
パパに変わっちゃったんだよ。」
みるみるうちにちびらぶの目に涙がたまっていった。
きつい事を4歳の子にらぶは言ったんだろう。
でも、うそはつきたくない。そしてちびらぶを
上手くごまかす事もできない。
あんな風に泣くちびらぶは初めて見た。
すごく傷ついたんだろう。
らぶは、本当のパパとまるというパパの違いを
なんとなくでもいいから理解してほしいの。
子持ちの再婚。早かれ遅かれ父親の問題にぶつかる。
らぶは小さい頃から、ちびらぶに理解してほしい。
それがまるとの関係にも大きく影響を与える。
らぶの選択が正しいとは思わない。
きっともっと子供が傷つかないいい方法があるだろう。
でも、これがらぶのやり方。
ごめんね・・・ちびらぶ。

離婚家庭の子供は本当に可哀想だ(ノω・、) ウゥ・・・
親の都合に振り回されている。
ちびらぶもその一人。
posted by らぶ at 14:26| 静岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 子持ちの恋愛&母子家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。