2006年10月24日

出産

その後も順調?に陣痛はきてくれたんだけど・・・
だんだん痛みが強くなっていくのがつらくてもうやだ〜(悲しい顔)
痛みに弱いらぶには本当につらかった。
夕方からは急に痛みが強くなったんだけど
子宮口が開いていなくて(*´゚д゚)(゚д゚`*)ネー
病院では付き添いは8時まで。
まるが一緒にいてくれたんだけど、うなっている姿を
見られたくない一身で我慢していたんだ。
7時をすぎたあたりから理性は吹っ飛びました
とにかく痛いがく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)
痛すぎなので「痛い」を連発。
こんなに痛いのになぜ子宮口は開いてくれないの!って思ってました。
そろそろ8時。看護婦さんが子宮口を検査。
まだ6〜7cm位なので時間はまだかかるとのこと。

工エエェェ(; ∀ )・・ ェェエエ工

これ以上はらぶのからだがもちません。
まるはそれを聞いて一度帰宅することになりました。
淋しい反面、これ以上この姿を見られなくてすむという
複雑な気持ちでした。陣痛がおさまったときに
まるを見送りました。がく〜(落胆した顔)
その次の陣痛の絶頂の時に先生が検診にきてくれたんです。
そしたら・・・

「いいですよ。分娩室へいきましょう」

ん?先生、今なんていいました??
数分前に看護婦さんはまだ時間がかかると言うので
ダーリンは帰ったんですけど?
が、これでいきめる、産める!って思えたら
嬉しかった^^陣痛の弱まった時に分娩台へ。
移動中に陣痛がまたきてしまったから大変。
台にあがろうと思っても体が・・・
なんとかやっと上がれたとおもったんだけど
出産の準備ができていなかったみたいで
先生と看護婦さんはなんだかあたふたと準備してた。
その間に何度も陣痛がきて早くして〜〜と言いたかった。
やっと先生からのGOサイン!
そこからは、早かったわ。痛みから解放されたい一身で
頑張ったよ。2〜3回のいきみで赤ちゃん誕生!

わぁいヽ(∇⌒ヽ)(ノ⌒∇)ノわぁい♪

オギャー オギャーと産声も聞こえました。
赤ちゃんとの初対面。なんだかしわしわで
けっして可愛いとは言えないけど・・・
なんとも言えない幸せな気持ちでいっぱいでした。
ふと我に返ったらぶ。まるがいないじゃんがく〜(落胆した顔)
病院が連絡してくれるのかな?と思ったら。
看護婦さんの一言。
「携帯電話をここにおいてあるからご主人に連絡していいよ」

(。�I�)ん?

携帯??分娩台の上から?らぶがですか??

そう、陣痛室に行く時に看護婦さんに持っていくように言われてました。
なんだか変な感じでしたがまるへ電話!!

「どうしたの?」がまるの一声。

「え??もぅ生まれたの??さっき看護婦さんが時間がかかるって
いったじゃん!」

そうです。その通り。でもまるがかえって15分後にらぶは
産んでいたんだよね〜 
急いでちびらぶを連れてきてくれたわ黒ハート
分娩室に入ってきた二人の顔は今でも覚えてる揺れるハート

まるが言ってくれたの
「お疲れ様。ありがとう」


posted by らぶ at 12:39| 静岡 ☔| Comment(8) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。